ホーム > 人間関係 >

会話が続かない時に思い出したい6つのコツとは?

会話が続かない、沈黙してしまうのが怖いという悩みはよくお聞きします。

そんな時ほとんどの人はどうやったら、うまく話せるようになるだろうかと考えるようです。

でもそれではうまくいきません。

それは恐らく、会話というのは話すことよりも聞くことの方が大切だからかも知れません。今回はもっと会話が弾むためにできることやテクニックなどなどをご紹介したいと思います。

あなたはどちらの人と話したいですか?

会話というのは話すことよりも、聞くことの方が大切だと思います。

みんな自分のことに興味があり、自分の話がしたいと思っています。でもそれをやっても相手が聞いてくれない場合が多いので、思わず話すことがなくなってしまい沈黙してしまうのだと思います。

しかし、もし相手が積極的にあなたの話を聞いてきてくれたらどうでしょうか?あなたは嬉しくなって、どんどん話をされると思うんです。

相手もあなたの話に興味を持っているようで、「うん。うん。わかる、わかる!」と相槌を打ってきてくれます。そこで、あなたもテンションがあがり、もっと話がしたいと思います。

こういう人が相手なら話は弾みますね。逆にこんな人ならどうでしょう?あなたがいくら自分の話をしても。「ふーん。それで。ああ。そうなんだ。」というだけで興味がなさそうにしている人。

こういう人を相手に話はやっぱり弾みそうにありません。

だから、相手に興味を持つというのがやはり会話のコツだと思うのです。

聞くことが話すことより大切な理由

上の話であなたはあなたの話に興味を持って聞いてくれる人と話をしたいと思ったはずです。

ですから、会話を弾ませるには、そういう人を見つけることです。ただ、そう言っても毎回そんな人とは限りません。仲の良い友人ばかりではありませんから。

ではどうすればいいかと言うと、自分が(相手にとって)話したい人になればいいのです。

そうすれば、会話はどんな人であっても弾みます。どんな人とどんな場面であっても会話ができるようになります。

会話というのはそういう意味でよい聞き手になることが大切です。それに面白いもので、よい聞き手になっていると今度は相手があなたに興味を持ってくれるようになります。

自分の話をここまで聞いてくれる人はどんな人だろうか?この人のことをもっと知りたいとなります。

よい聞き手になるための条件

ここではよい聞き手になるために必要なことやコツなどについてまとめておきたいと思います。

1.相手の気持ちを考える

話の裏にはかならず感情があります。その時どう思ったか、嫌な思いをしたのか、楽しかったのか、嬉しかったのか、それとも驚いたのか。そういうことを考えてあげることです。

どういう気持ちだったかを聞いてあげると相手は話しやすくなります。例えば、

・それは大変だったでしょう?
・嫌なこともあったのではないですか?
・耐えられないようなこともあるのでしょうね
・ちょっと頭にきてしまうこともあるでしょう

2.相手を気遣う

誰でも自分のことを気に掛けてくれたり、心配してくれたりされると嬉しいものです。

会話の中でも相手のことを気遣う言葉を使うようにすると会話も弾みます。また、相手をねぎらうことも大切です。大事にしてくれると思うと嬉しくなるものですから。

・疲れているでしょうに
・忙しいのにありがとうございます
・それは苦労もあるでしょう
・辛抱しなければならないこともあるでしょう

3.相手に興味を持つ

よい聞き手は相手の人をまるで話の主人公のようにして、話を聞いてゆきます。

そのためには相手のことに興味を持つことです。この人から学ぼうという意識で話を聞くだけでも会話の弾み方も全然変わったものになります。

話が弾むネタ探しには

会話の中で自分から自分の気持ちなどを少しだけでも相手に伝えることができると、相手も話をしやすくなったり、共感してくれたりして、会話がどんどん進むことがあります。

その自分の気持ちというのは、ちょっとした感情が含まれることです。

例えば日常生活の中でこんな風に感じたことを覚えておいたりすると会話の時にも使えるようになります。

1.楽しかったこと
2.嬉しかったこと
3.イライラしたこと
4.悲しかったこと
5.寂しかったこと
6.ホッとしたこと
7.恥ずかしかったこと

こういった気持ちを含んだ会話はただの話ではなくて、気持ちの会話ができますから、会話が弾むのです。

そのためには日常生活の中で意識して、自分が感じていることに注意してみるといいと思います。

褒めることを忘れない

友達が多い人、多くの人から人気がある人、人間として魅力のあるような人の多くは人のことを褒めるということを実践しているようです。

人は誰でも褒められたい、評価されたいと思って生きています。これは本能のようなものです。

ですから、相手の良い点を見て気づいたら褒める。これを習慣にするだけで多くの人から信頼されたり、好きになってもらったりします。

勿論、何かを得ようと思って褒めた方がいいと言っているわけではありません。そういう打算があるとうまくいきません。

しかし、良いところを褒められて嬉しくない人はいません。そういうことを他人にしてあげようと常に思うこと、それが気配りなのかも知れません。そういう人との会話が続かないなんてことはないはずです。

自分の弱さを出す

人は誰でも自分の弱いところを人に見せたくはないものです。ですから、強がってみたり、弱さを隠そうとします。

でもそれをやっていると相手と気持ちが通じなかったりします。自分を演じようとしてしまうからです。

そんなことなら、いっそのこと、自分の弱みを出した方がよいのかも知れません。

・実は僕はこんなことが悩みで困っているんだよ
・上司に怒られてばかりで自分でも情けない
・今の仕事は自分には合わないと思うけど、怖くて転職できないんだよ
・近所の人と付き合うのがちょっと怖くて
・人間関係で悩むことが多くて、もっと強くなりたいんだけど

などなど。自分が感じている弱みや欠点、コンプレックスなどなどを相手に話すことで相手も親身になってくれたり、共感してくれたりすることがあります。

共感という言葉は会話の中でも大切なキーワードになってくると思います。

自分の弱みを見せると、相手もあぁこの人も悩んでいるんだ、同じなんだなと共感してくれます。そして、一体感というか仲間意識のようなものが生まれます。