ホーム > 人間関係 >

会話が続かないのは何故?とぎれない話し方のコツとは?

自分は話し方が下手だと思ったことはありますか?
もっと上手に相手と会話ができたらいいのに、と。

沈黙が嫌で人との会話を避けている、なんて人もいるかも知れません。でもそれは勿体無いことです。

ちょっとしたことを気づくだけで会話は面白いように弾むからです。

自分のことではなく相手のことを考える

会話の一番のコツ、それは自分ではなくて相手のことを考えてあげることではないでしょうか?自分の話ばかりしようとすると会話というのは続きません。

それに相手が興味を示してくれる場合はいいでしょう。

例えば、親しい友人などはそれでも話を聞いてくれるかも知れません。でもそうでない人もいます。初対面の人もそうですし、おしゃべりがあまり好きでない知人、親戚の人などなど。

そんな場合は自分の話をしようとすると話題がすぐに尽きてしまいます。
相手も自分の話に反応してくれないこともあります。

それでは自分も楽しくありません。ポイントは相手を喜ばせてあげること、だと思うのです

相手が話したいことを見つける

大切なことは相手が話たいことを話してもらう、ということではないでしょうか。相手の好きなものは何なのか?を探すのもよい方法です。

その際は自分が聞きたい話に誘導するのではなくて、相手が話したいことを話してくれるように待つのも1つの方法です。

自分だったら、どんなことを相手に聞いて欲しいか?それを考えるとよいかも知れませんね。仕事で苦労した話や趣味で今はまっているもの、人間関係で悩んでいることなど色々出てくるはずです。

相手の気持ちを聞く

大切なのは、出来事ではなくて、そこにある気持ちの部分なのかも知れません。楽しかった、嬉しかった、苦しかった、気分が悪かった、嫌だったという感情や気持ちの部分は何かを考えてあげることです。

例えば、自分が楽しいと思っていることを話していて、相手が「それ楽しそう!」とか「素敵ですねぇ」と言ってくれたらあなたも嬉しくなると思います。

会話でも相手の気持ちを自分の気持ちで返すことが1つのコツだと思います。

ねぎらいの言葉

これも相手の気持ちを聞くことに通じるものがありますが、ねぎらいの言葉をかけるようにするのは大切なことです。

暑い日であれば、「今日も暑いですねぇ。」といって会話を始めるのも1つの方法です。

でもこれが「暑かったでしょう。こんな日にここまで来て頂いてありがとうございます。」という風にねぎらいの言葉をかけられたらどうでしょう。

自分のことを気遣ってくれたと思って少しうれしくなると思います。
そんな風に自分のことを考えてくれる人とは話をしていたいものです。

否定しない

これはついやってしまうことですが、相手が間違っていると思っても、すぐに否定したりはしないことです。

人は自分のことを否定されると、守りにはいろうとします。
これでは会話は続きません。

相手が間違っていると感じても、否定しないことです。その人はそのように思うのだろうなと思ってみることです。

それが相手を尊重するということでもあると思います。

感謝の気持ちがあれば会話は続く

どんな人との会話でもそうですが、やはり大切なことは感謝の気持ちだと思います。

人と話すのに何故感謝しなければならないのと思うかも知れません。
でもそれでは会話は続かないし、弾みません。

今、自分のために時間を使ってくれてここにいてくれることそれだけでも実はありがたいことではありませんか。

自分と話をしてくれてありがとう。この気持ちがあれば、あとは会話のテクニックなどは必要ないのかも知れません。その気持ちだけで会話は続くし、弾むと私は思っています。