ホーム > 自分の悩み >

身長が低いという悩みを捨てる方法

身長が低いことが悩みやコンプレックスになっている方もいらっしゃると思います。

男性であれば、例えば、女性よりも背が低いのは嫌だと思ってしまったり。女性でも、もっと背が高ければ綺麗に見えるのに、と悩んでいる方もいます。

でもその悩み、コンプレックスの本当の原因は実は背が低いことではないと思うのです。

問題は、背が低いことを苦にしている考え方にあると思うのです。

コンプレックスを克服した人がしたこと

身長を伸ばす方法はないかも知れませんが、自分の身長に悩まなくなる方法ならあります。コンプレックスは克服できますし、そうやって身長の悩みから解放された方もいます。

背が低いというコンプレックスから解放された人はその全てが同じようなことをしています。

それは何だと思いますか?

それは背が低いことが悪いこと、格好悪いこと、という考え方を手放したということだったのです。

別に背が低くても構わない、何も問題はないと思えた人は、この悩みから解放されています。

逆にこれでは駄目だと考え続けている人は、いつまで経っても悩みから解放されないし、背が高い人を前にするとコンプレックスを抱いてしまうのです。

と、言うのは簡単なのですが、実際に手放すとなると、これはとても難しい問題かも知れません。ただ、手放そうとしてみる価値はあると思うのです。

コンプレックスは人と比べなければ感じることはできない

身長についてコンプレックスを感じている人が必ずしていることがあります。

それが他人と自分を比較していることです。これは身長が低いと悩んでいる人がほぼ100%やっていることです。

というのもコンプレックスは他人と自分を比較しなければ感じることができないものだからです。

身長だけでなく、あらゆることにおいて、自分と他人を比較しているということはないでしょうか?

そうやって人と比べてしまうのは恐らく意識してやっていることではなく、無意識の間にやってしまっていることだと思います。

それは子供の頃に親に自分と兄弟を比べられて、お前のここがダメだと言われて(人と比べる癖を)得るケースもあれば、学校生活の中で他人に負けて、それによって悔しい思いをしたことで(もう負けたくないという思いから)得てしまうケースもあるかも知れません。

比べる癖をどのようにして得たのかは人ぞれぞれですが、一つ言えることは、比べる癖は「癖」ですから、意識してゆくことで少しづつその癖を直してゆけることができます。

人と比べることをやめた時、コンプレックスは感じようと思っても感じることができません。

人と比べないと感じられないのがコンプレックスなのですから。

人と比べることが全て悪いこととは私は思いません。ライバルと切磋琢磨することは自分を成長させてくれます。

ただ、勝とうとする気持ちが強くなりすぎると、または、他人と比べることで自分らしさを得ようとすると、自分が楽しめなくなってゆきます。

だから、比べることをやめると、コンプレックスから解放されるだけではなく、「楽しさ」が手に入ることがあります。

受け入れること

背が低いことが悪いことだ、と否定するととても苦しくなるし、人前でも堂々と立っていられません。

そして、それを何とかしようとしても余計悩みは深くなります。

身長が高くなる靴を履いたり、背が高くなるように見せたりする努力も悩みを深くしているのです。

それに、これは少し意外かも知れませんが、背が低いのを苦にしちゃいけないと思うのも実は逆効果です。

頭の中で考える時というのは、否定形はうまくいかないように出来ているからです。

背が低いのを苦にしちゃいけないと考えると、これも否定形ですから、しちゃいけないの部分はうまく脳には伝わりません。

代わりに「背が低い」の部分だけが脳に伝わってしまい、余計意識してしまうのです。例えば好きな人がいて、その子を意識して見ないようにしようとするほど、余計その人のことが気になってしまうのと同じですね。

さて、ではどうすればいいのかというと、全部受け入れてしまうことだと思います。

自分の身長は○○○cmだ。でも自分は自分のままでいい。誰か他の人間になろうとしなくていいと思うこと。

勿論、すぐにそんな風に思えないと思うのです。

ただ、そうやって、自分がこだわっていたものを捨てる努力を続けてゆくと、いつの日か、その手放せなかったものが手放せて、自分自身をそのまま受け入れられることができるようになるかも知れません。

気持ちはそのままに

それでも、自分の考えを手放しても、やはり、背が高かったらなと思うこともあるでしょう。

でもそれを苦にする必要はありません。
その気持ちを排除しようとする必要もありません。

その気持ちはそのままにしておきましょう。

人間は完璧ではありません。
時にはそういう気持ちになることだってあります。

だから、その気持ちはそのままにしておきましょう。

視点を変えてみる

私達が抱える多くの悩みは、少しだけ客観的に、つまり他人になったつもりで考えてみると解決するものが非常に多いように思います

身長に関する悩みであれば、自分やまわりにいる人達、背が高い人、低い人などなどいると思いますが、そんな自分達を真上、つまり上空から見下ろしてみるようにイメージをしてみることも良い方法だと思います。

もしくは高いビルの上から下を歩く人を見てみるのもいいですね。

すると、みんなさほど変わらないことに気づきます。変わらないというか、違いなどは殆どありません。身長の差といっても数センチからせいぜい数十センチ。

でもその程度の違いに何か意味があるのでしょうか?

人間として何か問題になるのでしょうか?

いいえ。そんなことはありません。

もし、身長が低いことを問題にしてくる人がいれば、それはその相手の問題だと思うのです。

人は人の外見に興味を持つこともあると思います。でも本当に魅かれるのは、外見よりもその人の人間性ではないでしょうか。

男性であれば、カッコよさ、女性であれば、美しさ。この2つに身長は無関係です。

うわべだけではない本当のカッコよさ、美しさというものはその人の内側からにじみ出てくるものだと思います。